2015年 01月 13日

地球探訪記~バングラデシュ④(美しすぎるバングラデシュ)

日本を発つ前、バングラデシュの事をあれこれ調べていたら、気になる記事を見つけました。

「美しすぎるバングラデシュ、ループゴンジ」

記事を見ると子供たちの笑顔が眩し過ぎて、こんな出会いがある場所があるのかとすごく興味を持ったのです。
ホントに短い滞在でしたが、バングラの人の良さを感じる事が出来た場所で、これまで自分が訪れた中で最もお気に入りのところになりました。

d0228889_2222492.jpg




まずはループゴンジへの行き方から。

◆場所
 以下の地図のC地点です。
 Googleマップだと「ラップガンジ」って名前になってますね。

d0228889_22582025.jpg


◆行き方
 ・モティジール(地図のA地点)からローカルバスに乗り、キルケット南バス停(地図のB地点)で下車する。
  すぐ近くに空港があるので、空港に向かうバスに乗って、途中キルケットで降りるのがいいかも。
  ローカルバスは、空港に行く大通りで拾うのが一番確実かと思います。

 ・キルケットでCNGに乗り換えてループゴンジへ行く。
  キルケットに着いたら、道路を渡り、賑わっているところでCNGを探して交渉する。
  なぜかオートリキシャだとループゴンジまで行ってくれないので、必ずCNGを探してください。

  料金ですが、キルケットからループゴンジまで大体300~350タカで行ってくれます。
  (自分は300タカで行ってくれました)

  モティジールから行く場合、バスとCNGで大体1時間半を見ておけば充分です。
  午前中にダッカに着くフライトだったら、空港からまずループゴンジに寄ってからダッカへ行くというプランが組めると効率的かも。

バスとCNGに揺られてループゴンジに到着。
政治運動が行われていたのか、途中で検問に引っかかってました。
「ループゴンジへ何しに行くんだ?」と警官にも聞かれましたが…「観光」としか返しようがないんですよね。

さて、ループゴンジに到着した我ら一行。
美しい村と聞いていたのですが…着いた場所はこんな感じ。大分寂れてますね。
d0228889_22193310.jpg


本当に美しい村なのだろうか?と若干懐疑的な気持ちを抱きつつ、メインの道に出ると・・・・

d0228889_22195323.jpg
d0228889_2220371.jpg
d0228889_22201124.jpg


子供たちがめっちゃ寄ってきた!!!!
始めは支持している政党の候補者みたいな人のビラと一緒に撮ってと言われていましたが、次第に子供たちだけ撮ってました。
d0228889_2220201.jpg
d0228889_22202897.jpg


撮った写真を見せて、違う人を撮って…の繰り返し。
日本人(というか外国人)が村に訪れることが殆どないみたいだから、大人気です。

道を歩くと10人以上の団体みたいになってました(笑)
次から次へと写真撮ってーとせがまれるので、みんなの相手をするのが大変。
一緒に行った日本人の方も同じような状態になってました。みんな人見知りしないというのがすごいですね。
しかも、何かちょうだいってねだる事も無いし、物を取られるということも全く無いです。

d0228889_22112535.jpg
d0228889_22211472.jpg

d0228889_2220407.jpg



この女性たちに現地の食べ物(というか葉っぱを巻いてクリームみたいなソースをつけたもの)をくれたのですが、、、
葉っぱそのままの味で自分はダメでした。せっかくいただいたのに申し訳ない。
悶絶している自分の顔を見てみんなゲラゲラ笑ってましたね。
そうやって相手の文化に入り込んでみようって思うようになったのも旅を通じて変わった事かな。
d0228889_22204862.jpg

d0228889_222129.jpg
d0228889_22212337.jpg
d0228889_2221332.jpg
d0228889_22214258.jpg
d0228889_22215137.jpg
d0228889_22221745.jpg
d0228889_22222723.jpg



朝早く出発したので、行きは大丈夫でしたが、帰りの時間帯は人が多くなっていたせいか、来た道を引き返すことが出来ず、
帰りはループゴンジからランプラという場所(モティジールとグルシャンの中間地点)まで迂回して行ってくれました。
距離が少しあったため、500タカかかりましたが、こちらは検問とか何もありませんでした。

ちなみに、帰りにルートは大体こんな感じ。
モティジールとグルシャンの中間地点になるランプラという場所の近くまで運んでくれました。
d0228889_22134351.jpg



 
お昼を食べた後、そろそろダッカを脱出しよーと思って、ダッカ市内にあるHIS支店へ。
日本人スタッフもいるので、何か困ったらここに行こうと思っていたのです。

グルシャン地区。繁華街だけあって高いビルとか結構建ってます。
d0228889_22223971.jpg



HISについて、クルナ方面に行く電車やバス、シュンドルボン国立公園のツアー手配などお願いできないか行ったのですが、、、
翌日はホルタル(ストライキ)があるため、交通機関はストップしてしまうとこと。
つまりダッカから抜け出せないということです。おーまいがー。

しかもこのホルタル、今日実施が決まったとのことで、HISの人も結構困惑していました。
残りの期間を考えると、クルナに行くにはちょっと遠いので、旅程を見直すことに。
お勧めの場所を聞くと、ダッカ北西部のラジシャヒか、北東部のシレットのどちらか。
ラジシャヒは帰りにタンガイル地方に寄って来れそうで、NPO法人が運営するUBINIGにも参加できそうなのでラジシャヒに行くことに決定。

d0228889_22224744.jpg



帰りトコトコ歩いていたら、線路沿いの道に出ました。
d0228889_22173118.jpg


ちょうどローカル線が通ったのですが、先頭車両に結構人が乗っていた。
あれ、容易く乗っているように見えますが、結構スピード出ているので、ちゃんと掴まっていないと危ないですよ。
よく落ちないなーと感心してしまった。


d0228889_2223028.jpg

線路沿いを歩いていたら、結構ガタイのいい兄ちゃんたちに囲まれてビクビクしていたのですが
写真撮って見せたらニッコリしてました。

ただ、、、ここの兄ちゃんたち違う意味で怖いんですよ。だって、左の人とか絶対にアッチの人だもん。

d0228889_22174114.jpg
d0228889_2218143.jpg

日本を発つ前に、昨年バングラに行った人から「男性でもセクハラとかあるので気を付けてくださいねー」って言われて、
今までその危険を感じることは無かったのですが、この人は見た瞬間にヤバイって感じましたからね^^;
いや、すごく人の良さそうな人なんですよ。そうなんですよ。うん。でも何か感じるんですよね。

d0228889_221908.jpg

d0228889_22191288.jpg


ということで、明日はダッカで1日足止めになっちゃいました。
明日はオールドダッカをもう1回歩いてみようかなと思います。
[PR]

by maitighar | 2015-01-13 22:51 | 旅行


<< 地球探訪記~バングラデシュ⑤(...      地球探訪記~バングラデシュ③(... >>