2015年 01月 11日

地球探訪記~バングラデシュ①(アジア最貧国へ)

年末年始にバングラデシュに行って来ました。
前回海外に行ったのが1年半前。おぉ、そんなに行っていなかったのか。

特に2014年は旅繋がりの友達がたくさん増えて、世界一周する人とも大勢知り合って、
FACEBOOKなどで海外からの投稿を見るたびに自分も海外に行きたいとウズウズしていた状態でした。

といっても、仕事が忙し過ぎて(というより、人が少な過ぎて休めない状態)、海外に行ける状況でなく、
10月~11月にメンバーが増員されてようやく休みを取れるだけの体制となったので、12/25から少し早めに冬休みをもらって旅立って来ました。

旅人もあまり訪れない国、バングラデシュ。
アジア最貧国として知られるその国に何があるのか、この目で多くの事を見て来ようって行って来ました。

d0228889_22275578.jpg





まずバングラデシュへ行くにあたり、日本の出発地、経由地をどうするか。
それが一番悩みました。

バングラデシュの治安とかもあまり詳しい事が分からないので、出来ればそれほど遅い時間には着きたくなかったので、
skyscanerで調べまくった結果、キャセイで「羽田→香港→ダッカ」というフライトがあり、ダッカ着も20時過ぎ。
これならホテルに着いても21時くらいだし大丈夫だと思って急いでフライトを押さえました。

中国○方航空の方が値段的には安いのですが、北京や混明で必ず1泊はしないといけないフライトスケジュールなので、
なるべくトランジット時間の短いフライトを選択しました。

バングラデシュに行くにはビザが必要なのですが、職場近くにビザ代行会社があったので、そこに頼んじゃいました。
申請とか受取のために都度大使館とか行くの面倒だしー。

羽田からのフライトはマルコさんと行ったマレーシア以来。
荷物を預けて空港内をブラブラしていたらあっという間に搭乗時間。まずは香港までピューっと。
前日終電まで仕事をしていて、帰った後にパッキングと掃除をしていたら朝になってしまい、一睡もしていなかったから機内ではグッスリ。

羽田の国際線ターミナルには六厘舎のラーメン屋が入ってます。
d0228889_22314625.jpg


普段国際線は成田しか使っていないので、羽田はすごく新鮮味がありますね。
d0228889_22315873.jpg


香港からのトランジットもスムーズ。ここでもブラブラしてました。
d0228889_22331793.jpg


d0228889_2234990.jpg

d0228889_22342382.jpg


ダッカ行きのフライトにやけに日本人が多いなと思ったら、自分もよく使っている西○旅行のツアーでした。
個人でも大学生と思しき女子3人組がキャッキャはしゃいでいて、バングラデシュって自分が思っている以上にメジャーな国なのか?と驚いてしまいました。
d0228889_22344742.jpg



フライトの遅れも無く、予定通りにダッカに到着。思っていた通り、ダッカの空港は寂れてます。
両替は基本的には米ドルかユーロですが、空港内に日本円で変えられるところが1カ所だけあります。
また、両替する金額ですが、1日食事と交通費で1000タカもあれば十分すぎます。それに宿代とお土産代を考慮して両替しておくのがいいかと。
d0228889_22353074.jpg

d0228889_22354480.jpg


入国審査を終えて外に出ると少し涼しい風が。そして思っていたよりも汚くない。
インドに行った時もそうだったけど、結構空港ってキレイなんですよね。ゴミ少ないし。

さぁ、まずは予約しているホテルまで行かなきゃ。
この日は夜だから出来るだけ空港から近いホテルを予約しておいたので、タクシーで移動。

流しのタクシーを捕まえても良いんだけど、まだこの国のことはさっぱり分からないから空港内にあるタクシー案内を使う事に。
ホテルの住所を教えて、タクシーを手配してもらう。値段は800タカ(約1500円くらい)意外と高いな。
自分が持っていたガイドブックの値段の倍くらいする。
d0228889_2236236.jpg


後で聞いたのだが、空港からダッカ市内までだと1500タカくらいしたらしい(ちなみにガイドブックだと700タカって書いてあった)。
当時のアジア最貧国という状況から少し変わって来ているんだろうね。物価は上がって来ていました。

ホテルにチェックインして、その日はバタンキュー。
いよいよバングラの旅が始まります。
[PR]

by maitighar | 2015-01-11 22:47 | 旅行 | Comments(0)


<< 地球探訪記~バングラデシュ②(...      長岡の花火大会を見て来ました >>