2012年 11月 11日

瀬戸内、関西の旅②〜犬島「精錬所」

直島の次に訪れたのは犬島。
昔は大阪城築城や大阪港築港のための花崗岩の切り出し場なり、近代では銅の精錬を行っていた場所です。

今年の夏に長崎の軍艦島で近代の産業遺産を見て来たのですが、犬島の精錬所の遺構も印象的でした。
たった10年で操業を終えた犬島精錬所。それでも時代を感じさせてくれる場所でした。


d0228889_132868.jpg





この日は犬島と豊島を観光する予定なのですが、直島から犬島に行くフェリーは1日に3本しか無いので、
観光の時間が限られてしまいます。

朝イチ(といっても9時半くらいですが)のフェリーに乗り犬島へ。
犬島アートプロジェクトの建物が見えて来ます。
d0228889_16892.jpg


チケット売り場で精錬所の入場チケットと豊島へのフェリーの乗船券を買い、精錬所から観光。
精錬所の入場は30分ごとに係員の誘導の元、入ります。
そびえ立つ煙突のシルエットがワクワクさせてきます。
d0228889_10473877.jpg


中に入るとこんな感じです。カラミ煉瓦が往時の産業の様子を醸し出します。
d0228889_175658.jpg


まずはアートワークから見学します。ここから先は撮影禁止。
d0228889_171990.jpg


館内は年中気温が一定になるよう、通気を調整してます。
また水質浄化なども取り組んでいて自然環境にも優しいです。

直島と同様、ここのアートワークも素晴らしかったです。
特に、最初にある鏡と光の屈折を利用した通路は、歩いていると何だか天空に向かって行くような
そんな錯覚にもなりました。
他にも三島由紀夫の邸宅にあった窓やふすまを使用したアートなどあります。


アートワークを出た後、産業遺産を見学します。
ここからは写真撮影が可能なので、みんな一斉にカメラを取り出して撮りまくってました。

今にも倒壊しそうな煙突。
d0228889_185385.jpg

d0228889_141278.jpg


カラミ煉瓦。
銅の精錬過程で発生する鉱滓から作られてます。
d0228889_1293253.jpg

d0228889_1371554.jpg


階段を登ったり結構奥まで見学してきます。
d0228889_1294096.jpg


見晴らしの良い所に出て来ました。
景色の美しさに魅せられて、時間の流れがとても緩やかに感じましたね。
d0228889_143146.jpg

d0228889_1311531.jpg



最後に発電所。教会を思わせるフォルムでした。
d0228889_1295281.jpg


あっと言う間の1時間半でした。
廃墟好きな方とかにはぜひお勧めしたいです!軍艦島よりも近くで見れるのがいいですね。


次は犬島の家プロジェクト。こっちは直島の方が好みだったかなぁ。
なのでフェリーの時間まで島の中を適当に散歩してました。

直島も犬島もこういう感じの街並が続きます。
d0228889_1381627.jpg

d0228889_1344737.jpg


定紋石っていうそうです。渦を巻いているって珍しいですね。
d0228889_135384.jpg


島で生活するって大変だろうけど、こういう景色に触れられるのは素敵だなぁ。
d0228889_135578.jpg



そしてお昼のフェリーで豊島へ。
次は豊島のカフェと豊島美術館です。
[PR]

by maitighar | 2012-11-11 13:23 | 旅行


<< 瀬戸内、関西の旅③〜豊島      瀬戸内、関西の旅①〜直島 >>