2012年 08月 12日

ながさき異国情緒散歩⑤〜島原の歴史を巡る

長崎の旅もいよいよ最終日。
東京へのフライトは19時発なので、夕方くらいまでのんびりできます。
市内観光は昨日で終えたので、卓袱料理を食べるか考えた結果、島原に行ってみることにしました。

島原城は安土桃山時代の築城様式を取り入れた壮麗なお城です。
石垣の美しさが特に印象的でした。

d0228889_1151686.jpg




島原へは諫早で島原鉄道に乗り換えます。
1時間に2本くらいしか走っていないので、乗り継ぎに失敗すると30分くらい待つんですけどね^^

長崎を出て10分も走るとこんな風景になります。
d0228889_1235346.jpg


地元の仲良し中学生。
d0228889_125814.jpg


島原鉄道に乗って海岸沿いを走ること約1時間。島原駅に着きます。
お城をイメージさせる駅舎はステキでしたね。
d0228889_1251888.jpg


島原の街並はかつての城壁などが至る所に残っています。
学校の塀などにも使われていて、こういう学校の出身だと嬉しくなりますね。
d0228889_1282246.jpg


まず到着したのは武家屋敷。路の中央に流れる清水が冷たくて気持ちよかったです。
d0228889_12124213.jpg

d0228889_12133662.jpg


武家屋敷や鉄砲町とも言うそうです。
隣家の間に塀が無くて鉄砲の筒のように見通せたことからその名がついたそうです。
一部の屋敷が一般解放されており当時の生活風景を見ることが出来ます。

d0228889_12145369.jpg

d0228889_12145393.jpg

d0228889_1215379.jpg


武家屋敷を後にして島原城へ。
石垣がとっても美しいです。
d0228889_12155513.jpg


場内にはこんな人達がいます。
他にも天草四郎とかいるみたいなのですが…今回は会えませんでした。
d0228889_12173448.jpg


サムライの格好をして記念写真が撮れます。
忍者もあるよ。
しかし…弱そうなサムライだなぁ(笑)
d0228889_12182234.jpg


天守閣からの眺め。島原ののどかな街並が一望出来ます。
観光に来るなら十分なんですけどね、住むと何にも無いですよってお店の人は言ってました。
d0228889_12192968.jpg


島原は水の都と呼ばれており、島原湧水群として名水百選に選定されているそうです。
今日も暑かったので、湧水を見て涼を感じてました。
あまりの暑さでペットボトルの水もすぐ温くなってしまうので、来月インドに行く時は保冷マグを
持って行こうと思いました。
d0228889_12221019.jpg

d0228889_1226222.jpg


鯉の泳ぐ街という名前も付いているのですが、あまりの暑さに泳いでいる鯉がいませんでした…。
ホントは何十匹と泳いでいるんですけどね。
d0228889_12312624.jpg



これで全ての旅程が終了。
長崎空港でお土産を買って東京に帰って来ました。

長崎はとにかく暑かったです。毎日3〜4リットルくらい水飲んでましたからね。
次に行く時は五島列島をのんびり巡ってみたいです。
[PR]

by maitighar | 2012-08-12 12:36 | 旅行


<< 座間のひまわり祭り2012      ながさき異国情緒散歩④〜異国文... >>