2012年 05月 03日

ふくしま桜紀行④〜大内宿

湯野上温泉駅で桜を満喫し、いよいよ大内宿へ。
駅前から出ている周遊バスに乗り大内宿を目指します。
15年くらい前から観光で人気が出て来て、今では年間100万人くらいは訪れるそうです。

江戸時代、下野街道の宿場町として栄えた大内宿。
茅葺屋根の宿場は現在も人が住んでおり、古き町並みを今なお見せている場所です。
d0228889_1836269.jpg





バス停に到着し、少し歩くと大内宿のメインストリートに出ます。
既にたくさんの人が観光に来ていました。
d0228889_18363991.jpg


それほど大きくない場所なのでお昼食べる時間も含めて2時間もあれば十分見て回れる所です。
メインストリートを歩き高台から全景を見て戻って来ます。
茅葺の民家が軒を連ねています。
d0228889_18383066.jpg


手焼きのおせんべい。昔ながらの感じです。
d0228889_18384647.jpg


あっという間に高台に登り大内宿の全景を。
江戸時代から続く町がこうして残っているって素晴らしいですね。
d0228889_1839363.jpg

d0228889_18392239.jpg


これ蜂の巣らしいです。
d0228889_1839338.jpg


虚無僧がいました。写真撮影に気軽に応じてくれたり観光客と談笑したりしてました。
d0228889_18394777.jpg


お土産屋のお宅の中。
若女将さんに腕真っ赤ですけどどうしたんですか?って驚かれました。
確かに自分でもビックリするくらい日焼けしてますからね。
d0228889_18395761.jpg


お昼は名物のねぎそば。箸を使わずネギ1本で冷やし蕎麦を食べるというものです。
蕎麦とネギと食べるペースを掴むのが難しいですね。そしてネギは徐々に辛みを増してくるのでなかなか大変です。
斬新でしたが、お蕎麦もネギも美味しかったです。デザートは栃の実大福。こちらも美味でした。
d0228889_18401247.jpg

d0228889_18403081.jpg


ここからは適当に目に留まったものを撮ってました。
なぜかルフィが(笑)
d0228889_18403939.jpg


お店の軒先。こういう感じの雰囲気いいですよね。
d0228889_18405030.jpg


子供ボーシ、買った人いるのかなぁ。
d0228889_1841392.jpg


ギリギリ「ローヤルゼリー」って読めるか??
d0228889_18412026.jpg


しんごろう、味噌が香ばしくて美味しかったです。
d0228889_1841358.jpg

d0228889_18423037.jpg


建物と子供と。
d0228889_18425953.jpg



いろいろ撮り続けていたらあっという間にバスの時間が来てしまいました。
バスに乗り湯野上温泉駅に戻り塔のへつりへと向かいます。
[PR]

by maitighar | 2012-05-03 18:00 | 旅行


<< ふくしま桜紀行⑤〜塔のへつり      ふくしま桜紀行③〜会津鉄道と湯... >>