2011年 09月 29日

夏旅〜最終章〜 雨の屋久島/縄文杉

屋久島でのメインイベントである縄文杉を見に行ってきました。
往復10時間/総距離26キロの過酷な試練の道でした。ほとんどの時間は歩き続けてましたね。

そんな大変な思いをしてでも大勢の人が訪れる屋久島。
自分の力で登りきった先に得られる景色は、みんな屋久島からの祝福を受けているかのようでした。

d0228889_23244433.jpg




4時前に起きる予定だったのに目が覚めたのは午前2時。
窓の外は依然として雨が降り続いています。事前に天気予報を見て過信していたんだろうけど、
雨など降るわけがないという根拠のない自信が諸共に崩れ去りました(笑)

出発時間に近づくにつれて雨の勢いは増すばかり。
「屋久島では月に35日雨が降る」と言われていますが本当なんですね。。。
雨の装備はウィンドブレーカー(防水機能なし)と出発前夜に慌てて買った100均の雨ガッパと折り畳み傘。
ドラクエで例えるなら、「ぬののふく」と「ひのきのぼう」で中ボスに挑むようなものです。

4時半にバスに乗り込み縄文杉を目指します。
宮之浦から屋久島自然館までバスに乗り、そこから荒川登山口行きのバスに乗り換えます。
周りは厳重な装備をしている中、100均の雨ガッパと傘という何とも可哀想な人がポツリ。

最初の8キロくらいはトロッコ道をひたすら歩きます。線路の上を歩いていくので、割と平坦な道を進みます。
ただし、雨が酷くて15分くらい歩いた程度で登山用の靴の中に水が入り込むくらい水量が増してきます。

d0228889_2329423.jpg


安物の雨ガッパはポンチョタイプなのですが、脇の部分が思いっきり開いているので
そこから雨が入り込んできます。やっぱりちゃんとしたものを用意しておけばよかった><
買わなくても屋久島でレンタルする選択もあるのでホントに100均だけは止めた方がいいです。

雨が酷い中、こんな道も進みます。風が強い日だったら落ちるんじゃないかと思った><
d0228889_23323768.jpg


そして、この辺から一眼レフはザックにしまって歩いてます。
撮ってもトロッコ道ばかりだし。

出発から3時間くらい経過してトロッコ道が終わります。
ここから山道を登って縄文杉まで行くのですが、雨は一向に止む気配は無く勢いを増すばかりです。
縄文杉まで往復で4時間かかるらしく、危険なので引き返す人も出始めてます。

途中川が増水していて、膝くらいまで浸かりながら川を渡ります。
しかも足を滑らせて危うく転倒するところでした。。。この辺でちょっとビビる。
片手で傘を持ちながらの山道は危険だったー。

30分くらい登ってようやくウィルソン株に到着。
d0228889_23343299.jpg


切り株の中から上を見上げるとハート型に見えるのが特徴の場所です。
d0228889_2335254.jpg


そしてそこからまた傘を片手に山道を登ること1時間半くらい。ようやく縄文杉に出会いました!!
靄ばかりですが、そんな雰囲気で撮る縄文杉もいいものだなと言い聞かせてました(笑)
樹齢7000年以上の大杉です。
d0228889_23375343.jpg


こちらは大王杉。縄文杉が見つかる前まではこれが一番樹齢が古い物だったそうです。
d0228889_2340956.jpg


縄文杉の近くにある小屋でお昼ご飯。
ごくフツーのおにぎり弁当なのですが、最高に美味しいお弁当だった。
一度は諦めかけた縄文杉も頑張って見ることが出来たし。

山道を下っているうちに雨も上がってきました。
d0228889_23424634.jpg

d0228889_23434715.jpg

d0228889_2344448.jpg


シカもいました。
d0228889_23464610.jpg


もう線路に水は溜まっていませんでした。水はけよいのね。
d0228889_23475087.jpg


ちょっと神秘的な感じで好きですね。
d0228889_2349142.jpg


縄文杉に向かう途中からガイドなしでトレッキングしている方たちと一緒に行動してました。
道に迷うことはないんですけど、やっぱり誰かと居た方が楽しく行けますしね。

d0228889_23504910.jpg

d0228889_23512643.jpg


無事に最終のバスに間に合い、宿に戻れました。
夕食後お風呂に入ったら疲労や筋肉痛が出て、その日は9時半にはバタンキュー。

最後はもののっち姫の舞台である白谷雲水峡です。
そういえば、帰りのバスで運転手が「明日も天気悪いよ」って言ってたのが気になるな…。
[PR]

by maitighar | 2011-09-29 00:12 | 旅行 | Comments(8)
Commented by nukiwo at 2011-09-29 00:21
ごいす〜〜〜
過酷!
Commented by フロー at 2011-09-29 00:39 x
鹿の二枚上のやつが好き。
霧で彩度が下がってるのが銀残しみたいな感じのと
倒木のパースが効いてていい感じ!
Commented by mouka at 2011-09-29 09:14 x
カッコいい!
ますます行きたくなったけど、
往復10時間はキツイな…(>_<)
Commented by marco-adm at 2011-09-29 09:14
鹿と撮ってるときは「あさのっちただのっち」になりきってたんですね。
屋久島トレッキングに100均の雨合羽でチャレンジしたとはすごいです。
行くなら本格的に装備を揃えないといけませんね。
霧でモヤってるのが神秘的!屋久島らしいかもしれませんね。
Commented by maitighar at 2011-09-29 12:24
>ぬきをさん
 雨が降っていなければフツーのトレッキングだったはずなのですが、
 縄文杉に到達するまでは久々にしんどかったです。
 しんどい思いをした分、気持ちよかったですよ~。
Commented by maitighar at 2011-09-29 12:27
>フロ一さん
 自分もあの写真は好きです。
 倒木をどう入れるか細かいところまで考えず見たままを撮ったのですが
 彩度が下がったことで手前の木の苔の緑が強調されていい具合になりました。
 こういう景色を撮るのも楽しかったです。
Commented by maitighar at 2011-09-29 12:29
>moukaさん
 自分も往復10時間はキツイかな~と思いましたが、案外大丈夫でしたよ。
 滅多に経験できる場所ではないので、ぜひ行って欲しいです!
 自分ももう一度行って、次こそは晴れた縄文杉を見たいです。
Commented by maitighar at 2011-09-29 12:32
>マルコさん
 「あさのっちただのっち」をイメージする余裕は全くなかったです><
 貧相な装備で山に登ったことと、カメラやレンズを持ちすぎて荷物が重すぎたことを後悔しっぱなしでした。
 買うのは高いと思うので、レンタルがいい気がしますね。
 行きたい人多いし、来年屋久島オフでもやってみますか(笑)
 


<< 夏旅~最終章~ もののけの姫の舞台      夏旅〜最終章〜 屋久島へ上陸 >>