2011年 08月 13日

地球探訪記〜ロシア⑥(水の都、サンクトペテルブルク)

ロシア観光も今日が最終日。楽しい時間ほどあっという間に過ぎてしまいます。

今日訪れる場所は絶対に晴天であって欲しい場所だったのです。
これまで曇り気味の天気が続いていたのですが、最後は見事に晴れてくれました。

d0228889_043874.jpg






◆ペテルゴーフ
 フィンランド湾に面しており、美しい噴水と庭園のあるピョートル大帝の夏の宮殿です。
 噴水はポンプなど使わず、自然の高低差のみを利用して噴き上げています。

d0228889_0441775.jpg


 面白いのはいたずらの噴水と呼ばれるもので、気まぐれで噴水が吹き上がるので
 運の悪い人はそこを通るとビショビショになります。
 自分は残念ながら時間がなくて通らなかったのですが、行ったらまずやられていたでしょうね。

 金色に輝く銅像と噴き上げる噴水、青い空、最高のロケーションです。
 ピョートル大帝は避暑地としてここで涼んでいたんですね。

d0228889_0445162.jpg

d0228889_0451426.jpg

d0228889_046157.jpg

d0228889_20214568.jpg


◆ツァーツスコエ・セロー
 皇族の夏の住まいとして利用されてきた庭園がステキな場所です。
 ここにはピョートル大帝の妃であるエカテリーナ1世のために建てられたエカテリーナ宮殿があります。
d0228889_0462854.jpg


 大広間。大黒屋光太夫がここでエカテリーナ2世に拝謁した場所です。
d0228889_0465493.jpg


 宮殿内には数々の食堂や調度品などがあります。
d0228889_0475590.jpg


 最も有名なのが琥珀の間。壁一面が琥珀で覆われた部屋です。
 この部屋の中での撮影は禁止なのですが、隣の部屋から望遠で撮ってました(笑)
d0228889_0482390.jpg


 避暑地とはいえ、こんな宮殿に住んでいたら広すぎて落ち着かないですね。


◆ペトロパヴロフスク聖堂
 少し時間があったのでぶらりと行ってみました。
 サンクトペテルブルクの歴史はここにあるペトロパヴロフスク要塞の建設を開始したことから始まります。
 元々はスウェーデンとの戦争に備えるための要塞でしたが、実際は監獄として使われていたそうです。
 要塞内にあるこの聖堂は皇帝一族が永眠している教会でした。
d0228889_053510.jpg

d0228889_0524281.jpg



これですべての観光が終了しました。
最後はスーパーでいろいろ買い物してお金を使い果たして、サンクトからタシケント経由で成田へ。
サンクトの空港で2度セキュリティチェックに引っかかってしまいました。
カメラ2台にレンズ5本を手荷物で持って行けば怪しまれますよね(笑)

タシケントではトランジットが遅れて2時間ほど足止めされましたが、エンジントラブルもなく無事に帰国出来ました。よかったよかった。


今回の旅に出るまでロシアに行くなんて全く考えていなかったのですが、ヨーロッパの町並みや教会など今まで見てきた物と異なる文化や歴史に触れて、ロシアという国のイメージが大分変わってきました。
個人的にはモスクワよりもサンクトペテルブルクの方が見所満載で楽しめました。

オススメ出来る国なので、ぜひ機会あったら行ってみて欲しいです!
[PR]

by maitighar | 2011-08-13 10:16 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nukiwo at 2011-08-15 13:39
うはーーー
華美!
のっちさんの写真を見て
わたしのロシア感が変わりました
Commented by maitighar at 2011-08-15 19:25
>ぬきをさん
 豪華絢爛でしたよ〜〜!
 ロシアっていうと何となく薄暗いイメージがありましたが、
 季節も良かったのかすごく華やかなところでした。
 見た場所も人もキレイでとっても満喫出来ましたよ!


<< 表参道お散歩&誕生日会を開いて...      地球探訪記〜ロシア⑤(帝政ロシ... >>