2011年 08月 09日

地球探訪記〜ロシア③(黄金の環にて中世ロシア気分に)

モスクワ郊外に広がる黄金の環を訪れました。
首飾りが円を描くようにいくつもの古い都が点在していることから付いた名称で
金色に輝く教会をシンボルとしたその場所は今も静かにその面影を残していました。

d0228889_18533831.jpg






今日はウラジーミルとスズダリの2カ所を訪れました。
バスで移動なので、移動中は外の景色を見つつ寝てばかりでした^^;

◆ウラジーミル
 モスクワからバスで3時間程度北東に進んだ場所にあります。
 ここにはウスペンスキー大聖堂とい石灰岩を用いた代表的な建築物があります。

d0228889_18554862.jpg


 残念ながら内部に入れませんでしたが、祭壇の前にはフレスコ画が残っているそうです。

 聖ドミトリエフスキー聖堂は外壁に施された浮き彫りがとても見事です。
 石のカーペットとも呼ばれているようです。
 
d0228889_18562622.jpg


d0228889_18572048.jpg


 これが世界遺産の黄金の門。
 12世紀頃に存在したウラジーミル・スズダリ公国の首都としてその種とを防衛するために
 作られた門です。今では軍事博物館になってます。

d0228889_18581872.jpg


◆スズダリ
 中世の雰囲気を残したのどかな風景が広がるロシアの田舎町です。
 犬、猫、馬など動物がたくさんいて彼らも寛いでます。

d0228889_18585295.jpg


d0228889_18592077.jpg


d0228889_18594935.jpg


d0228889_1902942.jpg


 クレムリンの中にある最も古い建物がラジヂェストヴェンスキー聖堂です。
d0228889_191285.jpg


 内部は13世紀ごろに描かれたフレスコ画で覆われており、圧巻されます。
 写真撮っちゃダメって聞いていたのですが、フツーに撮っていたので自分も撮っちゃいました。

d0228889_1922193.jpg


 その次に訪れたのがスパソ・エフフィミエフ修道院。
 外観は要塞のように壁に覆われている修道院です。
 教会の右側に鐘楼が建てられており、毎時間ベルコンサートをしています。
 ちょうど訪れたときにベルコンサートが始まり、静寂の中に鐘の音が響き渡り幻想的でしたね。

d0228889_193795.jpg

 
ホテルに着いた後、周辺をブラブラしてました。
高い建物が無いから空がとても広く感じます。東京では見ることの無い景色でしたね。

d0228889_1935379.jpg


d0228889_1942982.jpg


翌日も黄金の環の代表都市であるセルギエフポサードを訪れ、いよいよサンクトペテルブルクに向かいます。

 
  
[PR]

by maitighar | 2011-08-09 19:05 | 旅行 | Comments(4)
Commented by フロー at 2011-08-09 22:05 x
最初と最後の写真が好きです^^
Commented by maitighar at 2011-08-10 00:20
>フローさん
 ありがとうございまーす!
 最後の写真は人が通るまでじっと待っていたのです(笑)
 夕暮れの雰囲気がとても気に入ってます♪
Commented by monet_lotusflower at 2011-08-10 10:56
どちらも豪華な教会ですね~。
壁一面に絵が描かれているなんて、とても素敵です。
のっちさんの写真を見ているだけで、その荘厳さが伝わってきます。
Commented by maitighar at 2011-08-10 20:12
>kuroさん
 教会は異空間に入り込んだかのような感覚でしたね。
 どの教会もとっても素敵な場所でした!
 あー、もう1回ロシアに行きたくなってきました(笑)


<< 地球探訪記〜ロシア④(ロシア正...      地球探訪記〜ロシア②(モスクワ... >>