2011年 04月 10日

地球探訪記~カンボジア・タイ③(アンコール遺跡群たち)

アンコールワット遺跡群は、アンコールワットやアンコールトム以外にも数々の遺跡があります。
この日はそんな遺跡群を観光しました。

多すぎて記憶を呼び戻すがの相当大変でしたが・・・。

まずはプレ・ループから。

d0228889_21445534.jpg




◆プレ・ループ
 ラージェンドラヴァルマン王によって作られたヒンズー教寺院遺跡で、
 レンガとラテライトを主要な建築材料とする巨大寺院の最終的な形態を成します。

 レンガ造りの遺跡はアンコールワットでも珍しいですね。

d0228889_2148591.jpg



◆ニャックポアン
 正方形の池の中央に円形の中央祠堂がそびえる特徴的な遺跡です。
 でも、それ以外の記憶は全くなし(笑)

d0228889_215096.jpg



◆プリアカーン
 プリアカーンは、アンコールトムを建造させたジャヤヴァルマン7世王が仏教の大学として建立しました。
 プリアカーンが仏教大学とそればタプロムは僧院という感じですね。

d0228889_2152045.jpg


d0228889_21524080.jpg


d0228889_21534223.jpg


d0228889_21542330.jpg



◆バンテアイスレイ
 アンコール遺跡群ではほとんどが灰色砂岩の建物である中、赤色砂岩を基調として造られているのが特徴的です。
 また、「東洋のモナリザ」と呼ばれる精密なデヴァター像があることで有名です。
 写真はありませんでしたが・・・。

d0228889_2156857.jpg


d0228889_21565754.jpg


d0228889_21572433.jpg



◆クバルスピアン
 カンボジア語で、「クバル」は「頭」、「スピアン」は「橋」を意味します。
 従って、クバル・スピアンとは「頭の橋」という意味になります。

 川底に多数の彫像があるのです。これらは11世紀から13世紀にかけて彫られました。
 「千体のリンガ」と呼ばれる多数のリンガを見ることが出来ます。

d0228889_21584046.jpg


d0228889_2159243.jpg



いよいよ次はカンボジアの締めくくりです。
[PR]

by maitighar | 2011-04-10 22:04 | 旅行


<< 地球探訪記~カンボジア・タイ④...      一本桜を見てきました。 >>